古語:

こすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こす

助動詞下二段型

《接続》動詞の連用形に付く。


活用{こせ/○/こす/○/○/こせ・こそ}


〔希望〕…してほしい。…してくれ。


出典後撰集 秋上


「ゆく蛍雲の上まで往(い)ぬべくは秋風吹くと雁(かり)に告げこせ」


[訳] ⇒ゆくほたる…。


語法

未然形の「こせ」と終止形の「こす」は次の形で用いられる。


参考

(1)主に上代に用いられ、時に中古の和歌に見られる。(2)相手に望む願望の終助詞「こそ」を、この「こす」の命令形とする説がある。⇒こせぬかも



こ・す 【越す】

自動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


越える。


出典万葉集 一三九七


「荒磯(ありそ)こす波はかしこし」


[訳] 波の荒い磯(いそ)を越える波は恐ろしい。


行く。来る。


出典唐糸さうし 御伽


「御身(おんみ)たちは鎌倉へこすべきなり」


[訳] あなた方は鎌倉へ行くのがよいのだ。


追い越す。


出典宇津保物語 忠こそ


「多くのついでをこしてこそ、大臣の位にはなしつれ」


[訳] 多くの順序を追い越して、大臣の位につけたのだ。


(基準を)超過する。上回る。


出典平家物語 一〇・藤戸


「鞍壺(くらつぼ)こす所もあり」


[訳] (海水の深さが)馬にのった人の腰の下あたりを上回る所もある。









こすのページへのリンク
「こす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

こすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




こすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS