古語:

こそこその意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こそ-こそ

副詞

〔多く下に「と」を伴って〕


静かに音のするさま。


出典宇治拾遺 六・五


「谷より岸のうへざまにこそこそと登りぬ」


[訳] (ヘビは)谷底から崖の上の方に、こそこそと(音をさせて)登っていった。


こっそりと何かを行うさま。そっと。


出典宇治拾遺 一〇・一〇


「主人、手をこそこそとすりて」


[訳] 主人は、両手をそっとすり合わせて。








こそこそのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

こそこそのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




こそこそのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS