古語:

こぞみてしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > こぞみてしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こぞみてし…

分類和歌


「去年(こぞ)見てし秋の月夜(つくよ)照らせどもあひ見し妹はいや年さかる」


出典万葉集 二・柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)


[訳] 去年見た秋の月は、今年も照っているけれど、ともに見た妻は、ますます年月が遠ざかっていくことだ。


鑑賞

去年の秋、妻とともに見た月は今年も変わらず照っているが、妻は亡くなってしまった。変わらない月と対比された妻の死という大きな変化。そこに深い喪失感と時間的隔たりの広がりが、よりいっそう鮮やかに表現されている。妻を亡くした際に詠んだ長歌に付された反歌。「月夜」は、月そのものをいう。








こぞみてしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

こぞみてしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




こぞみてしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS