古語:

さねさしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さねさし

分類枕詞


国名「相模(さがむ)」にかかる。語義・かかる理由未詳。「さねさし相模(さがむ)」



さねさし…

分類和歌


「さねさし(=枕詞(まくらことば))相模(さがむ)の小野に燃ゆる火の火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも」


出典古事記 弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)


[訳] 相模(さがみ)(神奈川県)の野で燃え盛る炎の中に立ち、私の安否を気遣い呼びかけてくださったあなたよ。


鑑賞

倭建命(やまとたけるのみこと)が東征の途中、走水(はしりみず)の海(=浦賀水道)で后の弟橘比売命が海神の怒りを鎮(しず)めるために自ら進んで入水(じゆすい)した。そのときに后が詠んだ別れの歌。国造(くにつくり)にはかられて火攻めにあった折に、燃える火の中で倭建命が自分を気遣ってくれたことを、深い愛情とともに思い出している。ただし、物語から独立した一首と読めば、「春の野焼きの火の中で私に言い寄ったあなたよ」の意で、古代の農村女性の恋の歌ということになる。「はも」は詠嘆の意を表す連語。









さねさしのページへのリンク
「さねさし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さねさしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さねさしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS