古語:

ざらましの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ざら-・まし

分類連語


(もし…ならば)…なかっただろうに。


出典古今集 恋二


「思ひつつ寝(ぬ)ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを」


[訳] ⇒おもひつつ…。


語法

仮定条件句(用例では「夢と知りせば」)の結びに用いられる。反実仮想の表現の一つで、活用語の未然形(ここでは「せ」)+接続助詞「ば」+…「まし」が基本の表現形式である。


なりたち

打消の助動詞「ず」の未然形「ざら」+反実仮想の助動詞「まし」









ざらましのページへのリンク
「ざらまし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ざらましのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ざらましのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS