古語:

ざりけりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ざり-・けり

分類連語


〔「けり」が過去の意を表す場合〕…なかった。


出典伊勢物語 六


「『あなや』と言ひけれど、神鳴る騒ぎに、え聞かざりけり」


[訳] (女は鬼に食われて)「ああっ」と言ったが、雷の鳴るやかましさに、(男はその声を)聞くことができなかった。


〔「けり」が詠嘆の意を表す場合〕…なかったのだなあ。


出典竹取物語 御門の求婚


「げに、ただ人にはあらざりけり」


[訳] (かぐや姫の言うとおり)なるほど普通の人間ではなかったのだなあ。


なりたち

打消の助動詞「ず」の連用形「ざり」+過去・詠嘆の助動詞「けり」









ざりけりのページへのリンク
「ざりけり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ざりけりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ざりけりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS