古語:

しかの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しか

終助詞

《接続》動詞の連用形、完了の助動詞「つ」「ぬ」の連用形「て」「に」に付く。〔自己の願望〕…たいものだ。…たいなあ。


出典万葉集 二三六六


「まそ鏡(=枕詞(まくらことば))見しかと思ふ妹(いも)も逢(あ)はぬかも」


[訳] (姿を)見たいなあと思う恋人に会わないかなあ。


参考

過去の助動詞「き」の連体形「し」に終助詞「か」の付いたものか。過去の助動詞「き」の古い未然形(一説に已然形)「しか」が変化したものという説もある。中古以降、「しが」と濁音化し、主に和歌で用いられた。⇒「てしか」「にしが」「てしが」「にしがな」



し-か

分類連語


…か。…か、いや…でない。▽疑問・反語の意を強める。


出典古今集 恋二


「なかなかに何しか人を思ひそめけむ」


[訳] なまじっかどうしてあの人を思いはじめたのであろうか。


なりたち

副助詞「し」+係助詞「か」



しか

過去の助動詞「き」の已然形。



しか 【然】

副詞

そう。そのとおり。そのように。▽先に述べた事柄をさす。


出典大鏡 道長上


「それをさへ分かたせ給(たま)へば、しかおはしましあへるに」


[訳] それ(=出て行く道)までも別々にしなさるので、そのように(=花山天皇のご命令のとおり)どなたも一緒にお出かけになったが。


そのとおり。そう。▽相手の言うことを肯定して相づちを打つ意を表し、感動詞的に用いる。


出典源氏物語 末摘花


「『内裏(うち)よりか』とのたまへば、『しか。まかで侍(はべ)るままなり』」


[訳] 「宮中からか」とおっしゃると、「そのとおり。(宮中を)退出しましてそのまま(こちらへ参上したの)です」。



しか 【鹿】

名詞

動物の名。雌を「めか」というのに対して、雄をさす場合が多い。[季語] 秋。









しかのページへのリンク
「しか」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しかのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しかのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS