古語:

すずろなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > すずろなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すずろ・なり 【漫ろなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


何とはなしだ。何ということもない。


出典源氏物語 若紫


「いみじく泣くのを見給(たま)ふも、すずろに悲し」


[訳] (尼君が)ひどく泣くのを(源氏が)ご覧になるのも、何とはなしに悲しい気がする。


思いがけない。予期していない。


出典伊勢物語 九


「つた・かへでは茂り、もの心細く、すずろなる目を見ることと思ふに」


[訳] つたやかえでが茂っていて、なんとなく心細く、思いがけない(ひどい)目にあうことだと感じていると。


無関係だ。筋違いだ。


出典大和物語 一四八


「すずろなる者に、なにか多く賜(た)ばむ」


[訳] 無関係な者に、どうしてたくさんおやりになるのだろうか。


むやみやたらだ。


出典徒然草 一六八


「大方は知りたりとも、すずろに言ひ散らすは」


[訳] 大体は知っていても、むやみやたらに言い散らすのは。◆「すぞろなり」「そぞろなり」とも。









すずろなりのページへのリンク
「すずろなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

すずろなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




すずろなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS