古語:

ずはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ず-は

分類連語


…ないで。


出典万葉集 三四三


「なかなかに人とあらずは酒壺(さかつぼ)に成りにてしかも」


[訳] なまじっか人間でいないで、酒壺になってしまいたいなあ。


もし…でないならば。▽打消の順接仮定条件を表す。


出典古今集 春上


「今日来ずは明日は雪とぞ降りなまし」


[訳] 今日、もし私が来なかったら、明日は(この桜も)雪のように散ってしまうだろう。


なりたち

打消の助動詞「ず」の連用形+係助詞「は」


参考

については「ず」の未然形に接続助詞「は」が付いたものとの説がある。









ずはのページへのリンク
「ずは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ずはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ずはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS