古語:

ずんばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ずん-ば

分類連語


もし…でないならば。…なかったら。


出典平家物語 二・康頼祝言


「利益(りやく)の地を頼まずんば、いかんが歩みを嶮難(けんなん)の道に運ばん」


[訳] (人々に)ご利益を与える大地(のような菩薩(ぼさつ))を頼みにしなかったら、どうして険しい道に足を運べるだろうか。


参考

「ずは」に、強調のための撥(はつ)音が入るとともに「は」が濁音化したもの。打消の順接仮定条件を表す。漢文訓読によって生じた語形で、中世以降、軍記物語に多く用いられる。









ずんばのページへのリンク
「ずんば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ずんばのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ずんばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS