古語:

そこそこにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > そこそこにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そこ-そこ(に)

副詞

あわただしく。そそくさ。▽物事を急いでするようす。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「腰より下の一重(ひとへ)もけふの汗にとてそこそこにときすてて」


[訳] 腰から下の一枚(=腰巻)も今日の汗でと、あわただしく脱ぎ捨てて。


中途半端に。無造作に。▽物事をいいかげんにするようす。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「銀(かね)集まれば皆わがものとおもふから、そこそこにさいそくせず」


[訳] 金が集まればみな自分のものと思うので、中途半端に催促しない。









そこそこにのページへのリンク
「そこそこに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そこそこにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




そこそこにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS