古語:

そこらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そこ-ら

副詞

多く。たくさん。▽数量の多いさま。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「そこらの年ごろ、そこらの金(こがね)給(たま)ひて」


[訳] 多くの年月の間、たくさんの黄金をくださって。


はなはだしく。非常に。たいそう。▽程度のはなはだしいさま。


出典源氏物語 若紫


「そこら遥(はる)かに、いかめしう、占(し)めて造れるさま」


[訳] たいそう遠くまで、厳重に、土地を占領して(屋敷を)造ってあるようす。


参考

現代語の代名詞「そこら」とは別語。









そこらのページへのリンク
「そこら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そこらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




そこらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS