古語:

ただの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ただ

副詞

(一)

【直】


直接。じかに。


出典徒然草 二二


「ただ言ふ言葉も、口をしうこそなりもてゆくなれ」


[訳] 直接話す言葉(=会話)も、だんだん情けなくなってゆくようだ。


すぐ。ちょうど。▽距離的・時間的に間をおかないようす。


出典源氏物語 若紫


「ただこのつづら折りの下(しも)に」


[訳] ちょうどこの曲がりくねった坂道の下の方に。


(二)

【唯・只】


わずかに。たった。単に。▽それだけに限定する意。


出典新古今集 雑中


「人住まぬ不破(ふは)の関屋の板廂(いたびさし)荒れにしのちはただ秋の風」


[訳] ⇒ひとすまぬ…。


ただもう。むやみに。まったく。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「立て籠(こ)めたるところの戸、すなはち、ただ開(あ)きに開きぬ」


[訳] 閉め切っておいた所の戸が、すぐに、ただもうどんどん開いてしまった。


ちょうど。まるで。▽下に「ごとし」「やうなり」を伴うことが多い。


出典平家物語 一・祇園精舎


「おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」


[訳] 思い上がりわがままに振る舞っている人も長くは続かず、ちょうど春の夜に見る夢のよう(にはかないもの)だ。









ただのページへのリンク
「ただ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ただのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ただのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS