古語:

たびにやんでの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たびにやんでの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たびにやんで…

分類俳句


「旅に病(や)んで夢は枯れ野をかけ廻(めぐ)る」


出典笈日記 俳文・芭蕉(ばせう)


[訳] 旅の途中で病に倒れ床に伏しているが、風雅の心はなお断ちがたく、夢はひとりさびしい冬枯れの野をかけめぐってやまない。


鑑賞

元禄(げんろく)七年(一六九四)十月八日、死の四日前の吟。芭蕉(ばしよう)は、大坂の蕉門の人々に招かれての旅で発病し、ついに旅先で死を迎えた。この句は看病中の門人呑舟(どんしゆう)に書きとらせ、「病中吟」と前書きを置くように指示したもので、芭蕉最後の句であるが辞世の句ではない。重い病の床にありながら、なお「夢」をかけめぐらせるところに、つねに漂泊に身をおき、風雅の心(=俳諧(はいかい)の精神)を求め続けた芭蕉の、執念の感じられる句である。季語は「枯れ野」で、季は冬。









たびにやんでのページへのリンク
「たびにやんで」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たびにやんでのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たびにやんでのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS