古語:

たまがはにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たまがはにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たまがはに…

分類和歌


「多摩川に晒(さら)す手作りさらさらに何そこの児(こ)のここだ愛(かな)しき」


出典万葉集 三三七三・東歌(あづまうた)


[訳] 多摩川で手作りの布をさらしている、その「さら」ではないが、さらにさらにどうしてこの子がこれほどにいとしいのか。


鑑賞

東歌の武蔵(むさし)の国の歌。「多摩川に晒す手作り」は「さらさらに」を導く序詞(じよことば)で、同音を重ねた快い調子の歌である。








たまがはにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たまがはにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たまがはにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS