古語:

たまゆらのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たまゆらのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たまゆらの…

分類和歌


「たまゆらの露も涙もとどまらず亡き人恋ふる宿の秋風」


出典新古今集 哀傷・藤原定家(ふぢはらのさだいへ)


[訳] 玉のような草木の露も私の涙も、ほんのしばらくの間もとどまらないでこぼれ落ちる。亡き人を恋い慕う、この家に吹く秋風のために。


鑑賞

作者の母が死んだ年の秋に、生前住んでいた家を訪ねて詠んだ歌。「秋風」は、亡き人を悼(いた)む悲しみに重なり、ものさびしい風の音が深い悲しみを表す。「たまゆらの」は「ほんのしばらくの間」と「玉のような」の意をかけている。「玉」は「露」「涙」の縁語になる。









たまゆらののページへのリンク
「たまゆらの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たまゆらののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たまゆらののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS