古語:

たむけの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

た-むけ

名詞

(一)

【手向け】


神仏に供え物をすること。また、その供え物。旅の無事を祈る場合にいうことが多い。


出典土佐日記 一・二六


「夜中ばかりより船を出(い)だして漕(こ)ぎくる道に、たむけする所あり」


[訳] 夜中ごろから船を出して漕いでくる途中に、神仏に供え物をする所がある。


「手向けの神」の略。


出典古今集 仮名序


「逢坂山(あふさかやま)に至りてたむけを祈り」


[訳] 逢坂山まで来て手向けの神を祈り。


旅立つ人に贈る餞別(せんべつ)。はなむけ。


(二)

【峠】山路を登りつめた所。とうげ。◇そこで道祖神に「手向け


」をすることから。


参考

本来は、旅人が旅の無事を祈って塞の神に幣を供えることで、旅人は、幣として木綿(ゆう)・布や五色の紙などを細かく切ったものを携行し、神前にまいた。「たむけ」をする場所は、の用例のように海路にもあったが、多くは陸路の山道を登りつめた所が多かった。中世以降、「たむけ」が「たうげ」へとウ音便化し、「とうげ(峠)」になった。









たむけのページへのリンク
「たむけ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たむけのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たむけのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS