古語:

つごもりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つ-ごもり 【晦日・晦】

名詞

月の最後の日。みそか。


出典徒然草 一九


「つごもりの夜、いたう暗きに、松どもともして」


[訳] (十二)月の最後の日の夜、とても暗いときに、松明(たいまつ)を手に手にともして。


月の終わりごろ。下旬。月末。


出典伊勢物語 九


「富士の山を見れば、五月(さつき)のつごもりに、雪いと白う降れり」


[訳] 富士の山を見ると、五月の下旬だというのに、雪がとても白く降り積もっている。◆「月隠(つきごも)り」の変化した語。









つごもりのページへのリンク
「つごもり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つごもりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つごもりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS