古語:

つひえの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つひえ

名詞

(一)

【弊え・潰え】疲れ。弱ること。


出典太平記 三五


「鷸蚌(いつばう)相挟む時は烏(からす)そのつひえに乗る」


[訳] しぎとはまぐりが互いに相手をかんでいるときは烏がその疲れに乗じる。


(二)

【費え】


損失。損害。


出典方丈記 


「七珍万宝さながら灰燼(くわいじん)となりにき。そのつひえ、いくそばくぞ」


[訳] あらゆる宝物が残らず全部(焼けて)灰になってしまった。その損失は、どれほど多かっただろう。


物いり。掛かり。出費。


出典徒然草 八一


「つひえもなくて、物柄のよきがよきなり」


[訳] 出費も少なくて、物の品質のよいものがよい。









つひえのページへのリンク
「つひえ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つひえのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つひえのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS