古語:

つれづれなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > つれづれなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つれ-づれ・なり 【徒然なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


することもなく手持ちぶさただ。所在ない。


出典徒然草 序


「つれづれなるままに、日暮らし、硯(すずり)に向かひて」


[訳] することもなく手持ちぶさたなのにまかせて、一日じゅう硯に向かって。


しんみりと物思いにふけっている。もの寂しくぼんやりしている。


出典紫式部日記 寛弘五・一一・一


「年ごろ、つれづれにながめ明かし暮らしつつ」


[訳] (出仕前は)長年、しんみりと物思いにふけってぼんやりと明け暮れ過ごしながら。









つれづれなりのページへのリンク
「つれづれなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つれづれなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つれづれなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS