古語:

てばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-ば

分類連語


もし…たならば。もし…しまったら。▽順接の仮定条件を表す。多く、下に反実仮想の助動詞「まし」を伴い、事実と反する事柄や実現しそうもないことを仮定し、その上で推量する意を表す。


出典古今集 春上


「梅が香を袖(そで)に移してとどめてば春は過ぐともかたみならまし」


[訳] もし梅の香を袖にしみ込ませて残しておいたならば、春が過ぎても(春の)思い出の品となるであろうに。


なりたち

完了の助動詞「つ」の未然形+接続助詞「ば」









てばのページへのリンク
「てば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

てばのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




てばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS