古語:

とかくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

と-かく

副詞

あれやこれや。何やかやと。


出典土佐日記 一二・二一


「日しきりにとかくしつつ、ののしるうちに夜ふけぬ」


[訳] 一日中、あれやこれやとしながら大騒ぎするうちに、夜が更けてしまった。


ややもすれば。ともすれば。


出典愚管抄 七


「仲哀(ちゆうあい)より欽明(きんめい)まで十七代は、とかく落ち上がりて」


[訳] 仲哀天皇から欽明天皇までの十七代は、ややもすれば落ちたり上がったりして。


いずれにしても。何にしても。とにかく。


出典諸国ばなし 浮世・西鶴


「『とかく、あるじの心まかせに』と申されければ」


[訳] 「とにかく、ご主人のお心のままに」と申し上げられたので。◆副詞「と」に副詞「かく」が付いて一語化したもの。









とかくのページへのリンク
「とかく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

とかくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




とかくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS