古語:

とくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

と・く 【解く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


ほどく。


出典諸国ばなし 浮世・西鶴


「上座から帯をとけば、その次も改めける」


[訳] 上座の者から帯をほどくと、その次の者も調べた。


取り外す。脱ぐ。


出典今昔物語集 二五・一二


「いまだ装束もとかで丸寝(まろね)にてありければ」


[訳] まだ昼の衣装も脱がないで、着衣のまま寝ていたので。


ほぐして整える。(櫛(くし)で)すく。


出典源氏物語 手習


「とき果てたれば、つやつやと清(けう)らなり」


[訳] (髪は)すっかり(櫛で)すき終わっていたので、つやつやと光沢があって美しい。


答えを出す。解答する。


出典徒然草 一〇三


「なぞなぞを作りてとかれけるところへ」


[訳] なぞなぞを作って解答を出しておられたところへ。


[二]自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


ほどける。


出典万葉集 三一四六


「草枕(くさまくら)(=枕詞(まくらことば))旅の衣の紐(ひも)とけぬ」


[訳] 旅の衣のひもがほどけて。


消える。なくなる。


出典源氏物語 少女


「その恨みはおのづからとけ侍(はべ)りなむ」


[訳] その不平は自然にきっと消えていくでしょう。


うちとける。安心する。


出典源氏物語 帚木


「君はとけても寝られ給(たま)はず」


[訳] 源氏の君はうちとけて休むこともおできにならず。


官職から離れる。


出典古今集 雑下


「左近(さこん)の将監(しやうげん)とけて侍(はべ)りける時に」


[訳] 左近の将監の職から離れておりました時に。



と・く 【説く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


説明する。言い聞かせる。


出典徒然草 二二二


「称名(しやうみやう)を追福(ついふく)に修(しゆ)して巨益(こやく)あるべしととける経文を見及ばねば」


[訳] 念仏を追善供養のためにとなえて大きな御利益(りやく)があるはずだと説明しているお経をまだ見ていないので。



とく 【疾く】

副詞

すぐに。早速。急いで。


出典土佐日記 二・五


「船とく漕(こ)げ」


[訳] 船を急いで漕げ。


すでに。とっくに。


出典源氏物語 夕顔


「息はとく絶え果てにけり」


[訳] 息はすでにすっかり絶えてしまった。



と・く 【溶く・融く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


溶く。溶かす。


出典古今集 春上


「袖(そで)ひちてむすびし水の凍れるを春立つ今日の風やとくらむ」


[訳] ⇒そでひちて…。


[二]自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


溶ける。


出典源氏物語 末摘花


「軒の垂氷(たるひ)はとけながら」


[訳] 軒先のつららは溶けるのに。



とく 【徳】

名詞

道徳。人の道。


出典徒然草 一三〇


「人に本意(ほい)なく思はせてわが心を慰まん事、とくに背けり」


[訳] 他人にいやな思いをさせて、自分の心を楽しませることは、道徳にそむいている。


人徳。徳望。


出典大鏡 道長下


「これはとくいたりたる翁(おきな)どもにてさぶらふ」


[訳] これは人徳が極致に達した老人たちでございます。


天性。長所。生まれつきの能力。


出典徒然草 一二二


「よく味はひをととのへ知れる人、大きなるとくとすべし」


[訳] よく味の具合に精通している人は、大きな長所とすべきだ。


恵み。恩恵。


出典源氏物語 澪標


「神の御とくをあはれにめでたしと思ふ」


[訳] 神の御恩恵をしみじみすばらしいと思う。


おかげ。


出典落窪物語 四


「帥(そち)はこの殿の御とくに、大納言になり給(たま)へり」


[訳] 帥はこの殿のおかげで、大納言になられた。


利益。もうけ。所得。


出典今昔物語集 九・三七


「そのとくおのづからありて」


[訳] そのもうけがしぜんと出てきて。◇「得」とも書く。


富。財産。


出典源氏物語 東屋


「物ぎたなき人ならず、とくいかめしうなどあれば」


[訳] 卑しげな人ではなく、財産も豊かな人であるので。◇「得」とも書く。









とくのページへのリンク
「とく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

とくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




とくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS