古語:

なにせうぞの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > なにせうぞの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なにせうぞ…

分類歌謡


「何せうぞくすんで一期(いちご)は夢よただ狂へ」


出典閑吟集 


[訳] 何をしようというのだ、そんなに真面目くさって。そんなに真面目に考えないで、どうせ人生なんて夢のようにはかないもの、ただただ我を忘れて面白おかしく遊び暮らした方がよい。


鑑賞

仏教的無常観によって悟りを求める現実拒否の悲観的な考え方を否定し、享楽的に人生を送ろうという現実肯定的な内容の歌。「憂き世」を「浮き世」としてとらえ始めた室町時代末期の風潮を背景にしている。「くすむ」は真面目くさる、悟りすますの意。









なにせうぞのページへのリンク
「なにせうぞ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なにせうぞのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なにせうぞのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS