古語:

なにはえのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > なにはえのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なにはえの…

分類和歌


出典百人一首 


「難波江(なにはえ)の葦(あし)のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき」


出典千載集 恋三・皇嘉門院別当(くわうかもんゐんのべつたう)


[訳] 難波の入り江の葦の刈(か)り根(ね)の一節(ひとよ)(=一節(ひとふし))のような、旅の仮寝(かりね)のわずか一夜(ひとよ)の契(ちぎ)りのせいで、難波江の「澪標(みおつくし)」のように、身を尽くしてあなたを恋い続けなければならないのだろうか。


鑑賞

「難波江の葦の」は「かりね」を導く序詞(じよことば)。「かりね」に「刈り根」と「仮寝」とを、「ひとよ」に「一節(ひとよ)」と「一夜(ひとよ)」とを、「みをつくし」に「澪標」と「身を尽くし」とをかけている。









なにはえののページへのリンク
「なにはえの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なにはえののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なにはえののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS