古語:

なへの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なへ

接続助詞

《接続》活用語の連体形に付く。〔事柄の並行した存在・進行〕…するとともに。…するにつれて。…するちょうどそのとき。


出典万葉集 一五七五


「雲の上に鳴きつる雁(かり)の寒きなへ萩(はぎ)の下葉はもみちぬるかも」


[訳] 雲の上で鳴いた雁の声が寒そうに聞こえるちょうどそのときに萩の下葉は色づいたことよ。◆上代語。中古にも和歌に用例があるが、上代語の名残である。



なへ

(ナエ)打消の助動詞「なふ」の連体形・已然形。









なへのページへのリンク
「なへ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なへのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なへのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS