古語:

なみこえぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > なみこえぬの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なみこえぬ…

分類俳句


「波こえぬ契りありてやみさごの巣」


出典奥の細道 象潟・曾良(そら)


[訳] 仲むつまじい鳥とされる「みさご」が、波が岩を越えることはないという、夫婦の固い約束があるからだろうか、このような北海の荒波の中でも巣を営んでいる。


鑑賞

この句は、「君をおきてあだし心をわがもたば末の松山波も越えなむ」〈⇒きみをおきて…〉(『古今和歌集』)と、「契りきなかたみに袖を絞りつつ末の松山波越さじとは」(『後拾遺和歌集』)〈⇒ちぎりきな…。〉をふまえている。季語は「みさごの巣」で、季は夏。








なみこえぬのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なみこえぬのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なみこえぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS