古語:

なんの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なん

係助詞

「なむ」に同じ。◆中古の中ごろから係助詞「なむ」の「む」を「ん」と発音したことから「なん」と表記されるようになったもの。⇒なむ(係助詞)



なん

終助詞

「なむ」に同じ。◆中古の中ごろから終助詞「なむ」の「む」を「ん」と発音したことから「なん」と表記されるようになったもの。⇒なむ(終助詞)



な-・ん

分類連語


「なむ」に同じ。◆中古の中ごろから連語「なむ」の「む」を「ん」と発音したことから「なん」と表記されるようになったもの。⇒なむ(連語)



なん 【何】

代名詞

「なに」に同じ。◆「なに」の変化した語。



なん 【難】

名詞

難点。欠点。短所。おちど。


出典徒然草 三三


「『いづくもなんなし』とて」


[訳] 「どこにも欠点がない」といって。


非難。難くせ。


出典去来抄 先師評


「尚白(しやうはく)がなん当たらず」


[訳] 尚白(=俳人の名)の非難は適当ではない。


わざわい。災難。


出典徒然草 一四六


「おのれ、もし兵仗(ひやうぢやう)のなんやある」


[訳] 私には、ひょっとして武器によるわざわいがありはしないか。


困難。苦労。


出典奥の細道 日光


「かつは羇旅(きりよ)のなんをいたはらんと」


[訳] 一方では旅の苦労を慰めようと。









なんのページへのリンク
「なん」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なんのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なんのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS