古語:

にきたつにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > にきたつにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にきたつに…

分類和歌


「熟田津(にきたつ)に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕(こ)ぎ出(い)でな」


出典万葉集 八・額田王(ぬかたのおほきみ)


[訳] 熟田津で船出をしようと月の出を待っていると、月が出、潮の具合もよくなった。さあ、今こそこぎ出そうよ。


鑑賞

この歌は作者が新羅(しらぎ)征伐に向かう天皇一行のお供をしたとき、途中の熟田津(=今の愛媛県にあった船着き場)で詠んだもの。「漕ぎ出でな」の「な」は勧誘を表す終助詞。









にきたつにのページへのリンク
「にきたつに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

にきたつにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




にきたつにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS