古語:

にしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

に-し

分類連語


…てしまった。


出典新古今集 雑上


「めぐり逢(あ)ひて見しやそれとも分かぬ間(ま)に雲隠れにし夜半(よは)の月影」


[訳] ⇒めぐりあひて…。


参考

用例は紫式部の歌で「小倉百人一首」にも採録されているが、「月影」が「月かな」となっている。


なりたち

完了の助動詞「ぬ」の連用形+過去の助動詞「き」の連体形



に-し

分類連語


…で。


出典徒然草 二五


「飛鳥川(あすかがは)の淵瀬(ふちせ)常ならぬ世にしあれば」


[訳] 飛鳥川の淵や瀬が変わりやすいように、変わりやすい世の中であるから。


なりたち

断定の助動詞「なり」の連用形「に」+副助詞「し」



にし 【螺・辛螺】

名詞

小形の巻き貝の総称。



にし 【西】

名詞

方角の一つ。


西風。


出典更級日記 竹芝寺


「にし吹けば東になびき」


[訳] 西風が吹くと(ひさごは)東へ寄り。


西方浄土。









にしのページへのリンク
「にし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

にしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




にしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS