古語:

ねがはくはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ねがはくはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ねがはくは…

分類和歌


「願はくは花の下(した)にて春死なむそのきさらぎの望月(もちづき)のころ」


出典続古今集 雑上・山家集上・西行(さいぎやう)


[訳] 私が願うことは、桜の花の下で、春に死にたいということだ。それも、あの釈迦(しやか)入滅の日である二月の満月のころに。


鑑賞

生涯、月と花とを愛した西行は、その願いどおり、文治六年(一一九〇)二月十六日にこの世を去った。



ねがは-く-は 【願はくは】

分類連語


できることなら。どうか。なにとぞ。


出典続古今集 雑上・山家集上


「ねがはくは花の下(した)にて春死なむそのきさらぎの望月(もちづき)のころ」


[訳] ⇒ねがはくは…。


参考

漢文の訓読から生じた語で、文末は命令や意思の表現で結ぶ。願うことは、の意。後世「ねがはくば」とも。


なりたち

動詞「ねがふ」の未然形+接尾語「く」+係助詞「は」









ねがはくはのページへのリンク
「ねがはくは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ねがはくはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ねがはくはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS