古語:

ねんごろなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ねんごろなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ねんごろ・なり 【懇なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


手厚い。親切だ。丁寧だ。入念だ。


出典徒然草 九二


「朝(あした)には夕(ゆふべ)あらんことを思ひて、重ねてねんごろに修(しゆ)せんことを期(ご)す」


[訳] 朝には夜があることを思って、もう一度入念に身につけることの心積もりをする。


(仲が)親密だ。懇意だ。むつまじい。親しい。


出典伊勢物語 一六


「思ひわびて、ねんごろに相語らひける友だちのもとに」


[訳] 思い悩んで、親しく交際していた友人のもとに。


一途(いちず)だ。本気だ。まともだ。正直だ。


出典徒然草 七三


「世俗の虚言(そらごと)を、ねんごろに信じたるもをこがましく」


[訳] 世間のうそを、正直に信じているのもばかげていて。









ねんごろなりのページへのリンク
「ねんごろなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ねんごろなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ねんごろなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS