古語:

のみの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

のみ

副助詞

《接続》体言、活用語の連体形、副詞、助詞などに付く。


〔限定〕…だけ。…ばかり。


出典徒然草 一三七


「花はさかりに、月はくまなきをのみ見るものかは」


[訳] 桜の花は満開のときに、月はかげりがない満月のときにだけ見るものであろうか、いや、そうではない。


〔特に強調〕とりわけ。特に。


出典徒然草 二一


「月・花はさらなり、風のみこそ、人に心はつくめれ」


[訳] 月や花は言うまでもないが、風はとりわけ、人に感動の気持ちを起こさせるようだ。


〔強調〕ただもう…する。ひたすら…でいる。▽「のみ」を含む文節が修飾している用言を強める。


出典源氏物語 桐壺


「御胸のみつと塞(ふた)がりて、つゆまどろまれず」


[訳] (帝(みかど)は)おん胸がただもういっぱいになって、少しもお休みになれない。









のみのページへのリンク
「のみ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

のみのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




のみのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS