古語:

はかの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

-はか

接尾語

名詞・形容詞の語幹などに付いて、そのようなようすの意の形容動詞の語幹を作る。「あさはか」「貴(あて)はか」



はか 【果・量・計】

名詞

およその目安。見当。目当て。


出典更級日記 野辺の笹原


「いづこをはかと尋ねてか見し」


[訳] (乳母は)どこを目当てに(姉の墓を)尋ねたのだろうか。


仕事などの進みぐあい。はかどり。


出典平家物語 三・有王


「はかもゆかず、よろよろとして出(い)で来たり」


[訳] (前に行こうとしても)はかどらず、よろよろとして出て来た。


参考

は、多く「はかが(の・も・を)ゆく」の形で用いられる。









はかのページへのリンク
「はか」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はかのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はかのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS