古語:

はかなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はか-な・し 【果無し・果敢無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


頼りない。むなしい。あっけない。


出典宇治拾遺 一・一三


「桜ははかなきものにて、かく程なくうつろひさぶらふなり」


[訳] 桜はあっけないものであって、このようにすぐに散ってしまうのです。


ちょっとしたことだ。何ということもない。


出典枕草子 木の花は


「梨(なし)の花、よにすさまじきものにして、近うもてなさず、はかなき文つけなどだにせず」


[訳] 梨の花は、まったくおもしろみのないものとして、身近には取り扱わず、ちょっとした手紙を結びつけることなどさえしない。


幼い。たわいない。


出典源氏物語 若紫


「いとはかなうものし給(たま)ふこそ、あはれにうしろめたけれ」


[訳] とても幼なくていらっしゃるのが、どうしようもなく悲しく先が気がかりだ。◇「はかなう」はウ音便。


粗末だ。取るに足りない。


出典枕草子 九月二十日あまりのほど


「長谷(はせ)に詣(まう)でて、いとはかなき家に泊まりたりしに」


[訳] 長谷寺に参詣(さんけい)して、とても粗末な家に泊まったときに。


注意

は事物から受ける感じに、以下は事物そのものの状態に重点を置いた意味である。









はかなしのページへのリンク
「はかなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はかなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はかなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS