古語:

はくばいやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はくばいやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はくばいや…

分類俳句


「白梅や墨芳(かんば)しき鴻臚館(こうろくわん)」


出典蕪村句集 俳諧・蕪村(ぶそん)


[訳] 鴻臚館の庭には白梅が花開き、室内では唐国からの賓客(ひんきやく)を迎えて漢詩文の応酬が始まろうとしている。そのために摺(す)られた墨の芳しい匂(にお)いがあたり一面に漂っている。


鑑賞

白梅と墨との香りの対照に、白と黒の色のコントラストが重なって、さわやかで格調高い作品となっている。実景ではなく王朝時代を想像しての句。「鴻臚館」の語がエキゾチックな雰囲気をかもし出す。季語は「白梅」で、季節は春。








はくばいやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はくばいやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はくばいやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS