古語:

はたとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はた-と

副詞

ぱしっと。どんと。▽ものとものとがぶつかり合う音の形容。また、勢いよく打ったり切ったりなどする音の形容。


出典平家物語 四・鵼


「手ごたへしてはたとあたる」


[訳] (矢が)命中したという感じがしてぱしっと当たる。


きっと。▽目を据えてにらみつけるさま。


出典平家物語 九・越中前司最期


「馳(は)せ来る敵(かたき)をはたとまもって」


[訳] 駆け寄ってくる敵をきっとにらみつけて。


急に。突然。ぐっと。


出典徒然草 一三五


「大納言入道、はたと詰まりて」


[訳] 大納言入道はぐっと言葉につかえて。


まったく。すっかり。


出典風姿花伝 一


「易(やす)かりし時分の移りに、手だてはたと変はりぬれば」


[訳] (能が)やすやすとやれた時期に比べて、手段がすっかり変わってしまったので。


びっしりと。しっかりと。


出典平家物語 五・富士川


「およそ八日九日の道にはたと続いて」


[訳] 約八日か九日かかる道筋にびっしりと続いて。◆「はったと」とも。









はたとのページへのリンク
「はたと」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はたとのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はたとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS