古語:

ばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

接続助詞

《接続》活用語の未然形、已然形に付く。


(一)

未然形に付く場合。〔順接の仮定条件〕…たら。…なら。…ならば。


出典古今集 春上・伊勢物語八二


「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」


[訳] ⇒よのなかにたえてさくらの…。


(二)

已然形に付く場合。


〔順接の確定条件、原因・理由〕…ので。…から。


出典伊勢物語 九


「京には見えぬ鳥なれば、皆人見知らず」


[訳] 都では見かけない鳥であるので、そこにいる人は皆、よく知らない。


〔順接の確定条件、偶然の条件〕…と。…たところ。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり」


[訳] (根元の光る竹に近寄って)それを見たところ、三寸(=約九センチ)ほどである人が、(竹の中に)とてもかわいらしいようすで座っている。


〔順接の恒常条件〕…と決まって。…ときはいつも。


出典徒然草 七


「命長ければ、恥多し」


[訳] 命が長いと決まって、(それだけ)恥をかくことも多い。


〔二つの事柄を並列・対照〕…と、一方では。


出典平家物語 五・月見


「古き都は荒れゆけば、今の都は繁昌(はんじやう)す」


[訳] 旧都が荒れ果てていくと、一方では新都は繁盛してゆく。◇中世以降の用法。


語法

逆接の確定条件の「ば」(二)の已然形接続の「ば」は普通は順接の確定条件であるが、逆接の確定条件を示すかのように訳した方がよい場合もある。この場合は、多く、打消の助動詞「ず」の已然形「ね」に付いた「ねば」の形をとり、「…のに」「…にもかかわらず」などと訳す。「秋立ちて幾日(いくか)もあらねばこの寝ぬる朝けの風は袂(たもと)寒しも」(『万葉集』)〈秋になってまだ幾日もたっていないのに、この寝ているところに吹く夜明けの風は、袂に寒く感じられるよ。〉


参考

接続助詞「ば」の接続と用法


語の歴史

室町時代後期以降、「未然形+ば」の形が少なくなり、次第に、「已然形+ば」の形で順接の仮定条件を表すようになる。これが現代語の「仮定形+ば」につながる。



係助詞

係助詞「は」が格助詞「を」に付き、濁音化したもの。









ばのページへのリンク
「ば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ばのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS