古語:

ばかりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ばかり

副助詞

《接続》体言、副詞、活用語の終止形・連体形などに付く。


〔範囲・程度〕…ほど。…ぐらい。…あたり。▽時期・時刻・場所・数量・大きさなどのおおよその範囲を示す。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり」


[訳] (竹の中に)三寸(=約九センチ)ほどである人が、とてもかわいらしいようすで座っている。


〔動作や作用の程度〕…ほど。…ぐらい。


出典徒然草 五三


「頸(くび)もちぎるばかり引きたるに」


[訳] 首ももぎとるくらいに引いたところ。


〔最上・最高の程度〕…ほど。…ぐらい。▽下に打消の語を伴って。


出典枕草子 大蔵卿ばかり


「大蔵卿(おほくらきやう)ばかり耳とき人はなし」


[訳] 大蔵卿ほど耳ざとい人はいない。


〔限定〕…だけ。


出典源氏物語 若紫


「人々は返し給(たま)ひて、惟光(これみつ)ばかり御供にて」


[訳] 人々はお帰しになって、惟光だけをお供にして。


〔動作や作用の程度の限定〕…だけ。…にすぎない。


出典方丈記 


「ただわが身一つにとりて、むかし今とをなぞらふるばかりなり」


[訳] ただ私一人の身の上に関して、昔のことを今の楽しみと比べているだけである。


語法

「ばかり」の接続と意味


語の歴史

「ばかり」は動詞「はかる」の名詞形「はかり」からできた語で、上代には程度を示す用法だけであった。限定の用法は中古以後に現れた。中世以降は、程度の用法は「ほど」が受け持つようになった。









ばかりのページへのリンク
「ばかり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ばかりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ばかりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS