古語:

ばこその意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ば-こそ

分類連語


(一)

〔活用語の未然形に付いて〕


〔文中に用いて〕…ならばきっと。▽順接の仮定条件を強調する。


出典竹取物語 御門の求婚


「この国に生まれて侍(はべ)らばこそ、使ひ給(たま)はめ」


[訳] この国に生まれましたならばきっと、召し使いなさることもできましょうけれど。


〔文末に用いて〕…はずがない。…ものか。▽ある事態を仮定し、それを強く否定する。


出典平家物語 七・一門都落


「今は世の世にてもあらばこそ」


[訳] 今は(自分たちが栄えていた)世であるならとにかく、そのような世ではあろうはずがない。◇中世以降の用法。


(二)

〔活用語の已然形に付いて〕…からこそ。▽順接の確定条件を強調する。


出典伊勢物語 八二


「散ればこそいとど桜はめでたけれうき世に何か久しかるべき」


[訳] ⇒ちればこそ…。


語法

文中に用いられる場合、文末の活用語は係助詞「こそ」を受けて已然形となる。


なりたち

接続助詞「ば」+係助詞「こそ」









ばこそのページへのリンク
「ばこそ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ばこそのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ばこそのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS