古語:

ふくかぜのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ふくかぜのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふくかぜの…

分類和歌


「吹く風の涼しくもあるかおのづから山の蟬(せみ)鳴きて秋は来にけり」


出典金槐集 秋・源実朝(みなもとのさねとも)


[訳] 吹く風は涼しいことだなあ。しぜんと山の蟬が鳴きはじめ、確かに秋はやって来たことだ。


鑑賞

「山の蟬」はひぐらし。この蟬は秋の訪れを告げるものであった。秋の訪れはまず風によって知られる。涼しくなった秋風を詠嘆を込めて歌っている。二句・四句が字余りになっていて、ゆたかに張りのある大きな調べの歌である。








ふくかぜののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ふくかぜののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ふくかぜののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS