古語:

ほとけはつねにいませどもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ほとけはつねにいませどもの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほとけはつねにいませども…

分類歌謡


「仏は常にいませどもうつつならぬぞあはれなる人の音せぬ暁にほのかに夢に見え給(たま)ふ」


出典梁塵秘抄 法文歌


[訳] 仏は常にいらっしゃるけれど、俗世に住む我々には現実にそのお姿を見ることができないことが、しみじみと尊いことだ。人の寝静まった物音のしない夜明けごろに、かすかに夢の中にそのお姿をお現しになることだ。


鑑賞

常住不滅でありながら現実に見えぬ仏への敬虔(けいけん)な心情を表し、一方では、現実に仏に対することのできない嘆きも含んでいる歌。平明で素直な表現と、柔らかくよどみのない韻律が仏の尊さと幽遠さを感じさせる。









ほとけはつねにいませどものページへのリンク
「ほとけはつねにいませども」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ほとけはつねにいませどものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ほとけはつねにいませどものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS