古語:

ほとりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほとり 【辺】

名詞

辺境。果て。


出典今昔物語集 三・一一


「彼よりも広く、ほとりなき国にて」


[訳] (この竜宮は)あなたの国よりも広く、果てのない国で。


そば。かたわら。近辺。


出典方丈記 


「乞食(こつじき)、路(みち)のほとりに多く」


[訳] 乞食は道のかたわらに多く。


関係の近い人。縁故のある人。


出典源氏物語 真木柱


「人ひとりを思ひかしづき給(たま)はむゆゑは、ほとりまでも匂(にほ)ふ例(ためし)こそあれ」


[訳] 人(=紫の上)ひとりを大切にお世話なさるとしたら、それによって、縁故のある人までも恩恵を受けて栄える例はある。









ほとりのページへのリンク
「ほとり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ほとりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ほとりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS