古語:

ほどにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほど-に

接続助詞

《接続》活用語の連体形に付く。


〔事態の推移、時間の経過〕…すると。…するうちに。


出典方丈記 


「明くる年は立ち直るべきかと思ふほどに、あまりさへ疫癘(えきれい)うちそひて」


[訳] 翌年は立ち直るであろうかと思っていると、それどころか、(飢饉(ききん)の上に)伝染病まで加わって。


〔原因・理由〕…ので。…から。


出典平家物語 二・大納言死去


「人目を慎(つつ)むほどに、問ひ訪(とぶら)ふ者一人(いちにん)もなし」


[訳] 人目をはばかるので、訪ねるものは一人もない。









ほどにのページへのリンク
「ほどに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ほどにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ほどにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS