古語:

まじの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まじ

助動詞シク活用型

《接続》活用語の終止形に付く。ただし、ラ変型に活用する語には連体形に付く。


〔打消の推量〕(きっと)…ないだろう。…ないにちがいない。…はずがない。…まい。▽あり得ない事態であることを、確信をもって推量する。


出典土佐日記 一・二〇


「かの国人、聞き知るまじく思ほえたれども」


[訳] あの国の人たちには、きっとわからないだろうと思われたけれども。


〔不可能の推量〕…できそうにない。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「えとどむまじければ、たださし仰ぎて泣きをり」


[訳] (おばあさんはかぐや姫を)引きとどめることができそうにないので、ただ仰ぎ見て泣いている。


〔不適当な事態〕…てはならない。…ないほうがよい。


出典徒然草 一九〇


「妻(め)といふものこそ男(をのこ)の持つまじきものなれ」


[訳] 妻というものは、男が持ってはならないものである。


〔打消の意志〕決して…ないつもりである。…する気はない。…まい。


出典平家物語 一一・先帝身投


「わが身は女(をうな)なりとも、敵(かたき)の手にはかかるまじ」


[訳] わたしは女であっても、決して敵の手にはかからないつもりだ。


語法

(1)「まじ」の各音便形[ア] ウ音便・イ音便[イ] 撥(はつ)音便(2)呼応の用法(3)「じ」との違い⇒じ(4)未然形の「まじく」 「まじく+は」については、次の二とおりの説がある。[イ] の立場に立った場合にだけ、未然形が存在することになる。


語の歴史

「まじ」は、古く上代には「ましじ」という形であったものが変化した、中古以後の語。その後、連体形イ音便「まじい」が中世末期ごろから終止形としても用いられるようになり、それが現代語の「まい」となって残っているのである。









まじのページへのリンク
「まじ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まじのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




まじのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS