古語:

みかきもりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > みかきもりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みかきもり…

分類和歌


出典百人一首 


「みかきもり衛士(ゑじ)のたく火の夜(よる)は燃え昼は消えつつ物をこそ思へ」


出典詞花集 恋上・大中臣能宣(おほなかとみのよしのぶ)


[訳] 宮中の御門を守る衛士のたくかがり火が、夜は燃えて昼は消えているように、私の恋の炎も、夜になると燃え、昼は魂(たましい)も消え入るばかりになり、切ない物思いをしているよ。



みかき-もり 【御垣守】

名詞

宮中の門を警固する役人。衛士(えじ)。


出典詞花集 恋上


「みかきもり衛士(ゑじ)のたく火の夜(よる)は燃え昼は消えつつ物をこそ思へ」


[訳] ⇒みかきもり…。









みかきもりのページへのリンク
「みかきもり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

みかきもりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




みかきもりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS