古語:

むの意味

辞書総合TOP

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

助動詞四段型

《接続》活用語の未然形に付く。


〔推量〕…だろう。…う。


出典更級日記 物語


「まめまめしき物は、まさなかりなむ」


[訳] 実用的な物は、きっとよくないだろう。


〔意志〕…(し)よう。…(する)つもりだ。


出典伊勢物語 二三


「男はこの女をこそ得(え)めと思ふ」


[訳] 男は(他の女性ではなく)この女性を(妻として)手にいれようと思う。


〔仮定・婉曲(えんきよく)〕…としたら、その…。…のような。▽主として連体形の用法。


出典枕草子 思はむ子を


「思はむ子を法師になしたらむこそ心苦しけれ」


[訳] いとしく思うような子を法師にしたとしたら、それは気の毒である。


〔適当・勧誘〕…するのがよい。…したらどうだ。…であるはずだ。


出典徒然草 六


「子といふもの、なくてありなん」


[訳] 子供というものは、ないほうがよい。⇒てむ・なむ


語法

(1)未然形の「ま」 未然形の「ま」は上代に限られ、接尾語「く」が付いた「まく」の形で用いられた。⇒まく(2)已然形の「め」 [ア] 已然形「め」が「めかも」「めや」「めやも」などの形で用いられるのは主に上代に限られ、その「か」「や」は反語の意を表した。[イ] 係助詞「こそ」の結びの語となって「こそ…め」の形となるときは、適当・勧誘の意()を表すことが多い。しかし、の『伊勢物語』のような例外もある。(3)「む」「らむ」「けむ」の比較


注意

主語が一人称の場合はの意に、二人称の場合はの意に、三人称の場合にはの意になることが多い。


参考

中世以降は、「ん」と表記する。


語の歴史

中古末期から中世前期にかけて発音が「ン」から「ウ」に変化し、助動詞「う」の形が生じた。



-む

接尾語マ・四、マ・下二

形容詞の語幹などに付いて、…のような状態になる(させる)、…のように振る舞う、の意の動詞を作る。「あか(赤)む」「かなしむ」「にがむ」「ひろむ」









むのページへのリンク
「む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2014 Printed in Japan

©2014 Weblio RSS