古語:

むかしおもふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > むかしおもふの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

むかしおもふ…

分類和歌


「昔思ふ草の庵(いほり)の夜の雨に涙な添へそ山ほととぎす」


出典新古今集 夏・藤原俊成(ふぢはらのとしなり)


[訳] 宮中に出仕して華やかだった昔を懐かしんでいる草庵(そうあん)の夜の雨に、悲しい声で鳴いてさらに涙を加えさせないでくれ、山ほととぎすよ。


鑑賞

白居易(はくきよい)の詩句「蘭省(らんせい)の花の時錦帳(きんちやう)の下(もと)、廬山(ろざん)の雨の夜草庵の中(うち)」を基に詠まれたもので、草庵に住み、懐旧の念に涙する人の立場に立って詠んでいる。









むかしおもふのページへのリンク
「むかしおもふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

むかしおもふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




むかしおもふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS