古語:

めの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

推量の助動詞「む」の已然形。



め 【女】

名詞

女(おんな)。女性。


出典万葉集 一七五三


「男(を)の神も許し賜(たま)ひめの神も幸(ちは)ひ給(たま)ひて」


[訳] 男の神もお許しになり、女の神もお恵みになって。


妻(つま)。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「めの嫗(おうな)にあづけて養はす」


[訳] 妻である老女にあずけて育てさせる。◇「妻」とも書く。


(主に、動物の)めす。◇「牝」「雌」とも書く。[反対語]男(を)。



め 【海布・海藻】

名詞

わかめ・あらめ・みるめなど、食用となる海藻の総称。



-め 【目】

接尾語

…番目。▽ものの順序を示す。「二番め」


もんめ。一貫(かん)(=三・七五キログラム)の千分の一の単位。江戸時代以降の尺貫法の単位。



め 【目・眼】

名詞

目。


出典奥の細道 旅立


「行く春や鳥啼(な)き魚(うを)のめは涙―芭蕉」


[訳] ⇒ゆくはるやとりなきうをの…。


会うこと。見ること。


出典万葉集 二九一一


「ひとめ多みめこそ忍ぶれ」


[訳] 人目が多いので、会うことは我慢しているけれど。


視線。まなざし。


出典源氏物語 夕顔


「人にめも見合はせ給(たま)はず」


[訳] 人と視線をお合わせにならないで。


(見る対象である)顔。姿。


出典万葉集 七六六


「路(みち)遠み来(こ)じとは知れるものからに然(しか)そ待つらむ君がめを欲(ほ)り」


[訳] 道が遠いので(あなたは)来ないだろうと知ってはいるが、そのようにして(家の外へ出て)待っているだろう、あなたの顔が見たくて。


(出会う)事態。▽多くよくない経験の場合に用いる。


出典伊勢物語 九


「もの心細く、すずろなるめを見ることと思ふに」


[訳] なんとなく心細く、思いがけない(ひどい)事態にであうことよと思っていると。


すきま。合わせ目。継ぎ目。編み目。


出典枕草子 雪は檜皮葺


「いと多うも降らぬが、瓦(かはら)のめごとに入りて」


[訳] それほど多くも降らない(雪)が、瓦と瓦の合わせ目ごとに入って。


点。穴。目。


出典万葉集 三八二七


「一二(ひとふた)のめのみにあらず五(いつつ)六(むつ)三(みつ)四(よつ)さへあり双六(すごろく)の采(さえ)」


[訳] 一、二の目ばかりでなく、五、六、三、四の目まであるよ。双六のさいころは。



-め 【奴】

接尾語

人を卑しめののしる意を表す。「法師め」。


自分や自分の身内などを卑下する意を表す。「私め」









めのページへのリンク
「め」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

めのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




めのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS