古語:

めぐりあひての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > めぐりあひての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

めぐりあひて…

分類和歌


出典百人一首 


「めぐり逢(あ)ひて見しやそれとも分かぬ間(ま)に雲隠れにし夜半(よは)の月かな」


出典新古今集 雑上・紫式部(むらさきしきぶ)


[訳] めぐり逢って、見たのはそれかどうかもはっきりわからないうちに雲に隠れてしまった夜中の月のように、(逢ったのかどうかもはっきりしないうちに)あわただしく帰ってしまわれたあなたよ。


鑑賞

久しぶりに会った幼友達があわただしく帰ってしまった、その名残(なごり)惜しさを詠(よ)んだ歌。『新古今和歌集』の第五句は「夜半(よは)の月影(つきかげ)」。









めぐりあひてのページへのリンク
「めぐりあひて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

めぐりあひてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




めぐりあひてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS